ごきげんよう、えぞしまです。

今、話題の映画
「君の名前で僕を呼んで」を映画館で観てきました。



君の名前で僕を呼んで公式サイト




結論から言うと、
めちゃくちゃ良かったです。
これはぜひ映画館で見てほしいですね。


PG-12指定なので、お子さまは見てもつまらないかもしれませんが。


感想を書くとネタバレしちゃうので、
続きをご覧になるかたは注意!



IMG_0577

1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく……。

夏、北イタリアのどこか。


日差しは眩しく、みずみずしいアプリコットが実ります。
読みかけの本ときらめく水辺。青い空の下を風
のように自転車で駆ける……。


ひたすら画面が美しい。


美しいのは画面だけじゃない。
17歳のエリオの胸に浮かぶ初めての感情。

エリオにはまだうまく捉えられなくて、
大人のオリヴァーと近づいたり離れたり。
触れたいけれど、この関係を壊しそうで怖い、嫌われるかも、それでも近づきたい……。

その葛藤を、美しい風景と繊細な所作で綴ります。

女の子とは情熱的に恋するのに、
オリヴァー相手だともどかしいくらいに進まない。
オリヴァーと一緒にいられるのは6週間だけ。この時間は有限なのです。
それでも付かず離れずを繰り返している。最後の時は刻一刻と迫っているというのに!


オリヴァーが帰国し、虚無感に包まれるエリオ。両親は二人のことを全て分かっていたようです。

帰ってきたエリオを優しく励ます父。
エリオが初めて感じた想い、戸惑いと喜び、そして脱力と虚無。
それは、30歳くらいになるまでにみんな忘れてしまう感情。否定することなく、大事にね、と語ります。
なんていい親なんだ。



そんなわけだから、エンディングは本当に切ない。
雪の降りしきる日、オリヴァーが結婚するという知らせを聞いて、動揺を隠すように明るくお祝いの言葉を述べるエリオ。
相手は2年も付き合ってた彼女というのも、なんだか心をえぐりますね。
両親も賑やかにお祝いするけれど、電話を切った後のやるせない表情といったら…。


外は雪が静かに降っています。
ハヌカの準備で家の中が賑やかになっている中、エリオは暖炉の前で静かに涙を流します。


お互い名前を交換した。
相手は自分の一部でもある。
しかし、消えてなくなった。失われてしまった。


この静寂なエンディング、切ないけれどとても良い。






町山智浩さんが、この映画について語っていました。

町山智浩『君の名前で僕を呼んで』を語る


古代ローマ的というのは納得。
夏休みなのもありますが、確かに労働を全くしていない笑
読書して、ピアノ弾いて、川で泳いで、芸術を語って、美味しいもの食べて、お酒飲んで。
暑いのでずっとパンイチ。女の子たちもなんだか薄着。
こういう貴族的なところもいいんだよな笑