2018年のゴールデンウィークはどう過ごそうか、と思っていたら、こんな催しを見つけた。


IMG_0482



場所はアクアマリンふくしま。

アクアマリンふくしまは、福島県いわき市にある。
福島の観光スポットは、喜多方や会津若松など、西側に集中している。
ところが、いわき市は東側。周りに宿泊施設も少ない。いわきに観光に来る人はほとんどがスパリゾートハワイアンズ目当てだ。


無理な日程じゃないし、日帰りするか?と考えていたが、
ここでJR常磐線を使って仙台まで行ってみるという案が浮上する。

IMG_0525


走行距離は150キロ以上。
実に3時間40分という長旅だ。

さらに、
JR常磐線は東日本大震災の影響で、
一部区間が未だに復旧していない。
そのため、富岡〜浪江間は代行バスで、帰宅困難地域を走ることになる。


汽車に揺られる優雅な旅ではない。


いいじゃないか。
我々は冒険に出ることにした。





2018年4月28日土曜日。
快晴の横浜を出発。品川で特急ひたちに乗り込む。

Wi-Fiを確認しようとしたら……。

IMG_0569


不幸中のWi-Fi。


旅のお供として、獅子文六の『箱根山』を連れてきた。


電車に長時間乗るならば、『七時間半』もオススメだ。
今回は、そんな優雅な旅じゃないが。



泉駅到着は12時頃なので、車中で早めにお昼を済ませる。
乗り込む前に品川駅で買っておいた、おむすび弁当を食べる。

IMG_0488


泉駅からバスに乗り、アクアマリンふくしまへ。
最寄りのバス停はあまり最寄りじゃない。
(10分くらい歩く)

IMG_0490


海から風が強く吹いてくるが、天気は快晴だ。


IMG_0491


ストランドビーストといえば風だ。
風を受けて彼らは生きている。
晴れていて、海の近くで風が強く吹いているなんて、最高のストランドビースト日和だ。


IMG_0501
IMG_0506
IMG_0510

写真を撮りまくる。
どの写真もエモくなる。


ストランドビーストは機械的な身体を持っているけれど、
風に煽られて転んだり、どんどん老化してきたり、妙に生き物臭いところがある。
どうせプラスチックと言ったって、素材が違うだけであんた達も機械みたいなもんでしょ?とストランドビーストは語っているような気がする。



風を受けて羽ばたくビニールの翼。
緻密に動く脚。
回る骨格。
ビーストが動く様子は、ずっと見ていられる。



私もミニビーストは作ったことがあるが、
まさか本物をこの目で見ることになるとは。


ついでなので水族館も見学。

IMG_0520

スイミー。

IMG_0522

ひとで。


15時を回った頃、
我々はアクアマリンふくしまを後にする。


この後は、何度か電車を乗り継ぎ、途中バスも使いながら、ひたすらJR常磐線を走っていくことになる。
なんだか内田百閒の『阿房列車』のようだ。

もしくは水曜どうでしょうみたいだ。




なんにせよここからが長いんだ。



濃い一日はさらに続く。