こんにちは、えぞしまです。
軍人の階級がよくわからない…
艦隊の種類がわからない…
戦争ものの醍醐味がわからない…

と、わからないづくし状態で、
銀河英雄伝説 Die Neue These」を鑑賞しております。


第4話 不敗の魔術師 あらすじ
ヤン・ウェンリーは16歳までの日々の大半を交易商人である父、タイロンとともに恒星間商船の中で過ごした。タイロンの事故死により、宇宙を旅する生活を終えた後は、自由惑星同盟国防軍士官学校の戦史研究科に入学。後に親友となるジャン、ジャンの幼なじみで音楽学校に通うジェシカと出会う。


この先、ネタバレ含みます。

今回は、
自由惑星同盟のヤン・ウェンリーの半生。


冒頭、星の間を漂う宇宙船のなかで、
少年が必死に本を読んでいます。

そして、周りの大人に疑問を投げかけます。


「ねぇ、ルドルフってそんな悪いやつだったの?」

「そんなに悪いやつだったのに、どうしてみんな騙されたの???」


少年の父親と思われる男性は答えます。

「それはな、みんな、楽をしたかったからだよ」

この聡い少年こそが、
のちに不敗の魔術師と呼ばれるヤン・ウェンリーなのです。


この冒頭部分だけで、ぐっと引き込まれますね〜。


確かに、
独裁体制は国民にとって楽なんです。
悪い独裁なら困りますけど……。
中枢がめちゃくちゃ優秀で、バリバリ仕事できるなら、国民にとっては楽なんです。

誰かカリスマのある人、
もしくは「自分はカリスマ的存在だ」と周囲を騙せる人がいると、
その人についていってしまうものですね。



もともとは、歴史(戦史)を学びたかったヤン。
しかし、父親が亡くなったため、学費の援助を受けながら歴史を学べる士官学校に行くことに。


ヤンの希望と裏腹に、
戦術でメキメキと頭角を表します。
超秀才の相手を、戦術シミュレーションの授業でこてんぱんにしてしまうヤン。

本当は歴史を学ぶはずだったヤンですが、
その才能と成績を認められて、より軍人らしい進路へ舵切りさせられることに。
本人は不満タラタラですが、士官学校に入ったら軍人になったも同じ。
学校をやめれば、学費の返還もしなくちゃいけない。
しぶしぶヤンは受け入れます。


この時の上官も、
軍人らしい厳しそうな人ですが、
「たまにはチェスをしに遊びに来い!」と言っていて、
いかにも頼れる上司といった感じ。


自由惑星同盟は、
銀河帝国と比べ、なんだかラフでフラットな空気。
そりゃ軍人なので、ある程度規律はありますが。
ヤンも一番上までボタンをとめてないし、それを上官が注意することもありません。


ヤンが変わり者ってこともあるんでしょうけどね。
ラインハルトとキルヒアイスでさえ妙な緊張感があった銀河帝国とはえらい違いです。


あっという間に士官学校を卒業し、
早速前線に駆り出されるヤン。
惑星エルファシルで勤務することに。


そのエルファシルが、
なんと銀河帝国の攻撃にあってしまいます。
エルファシルには、自由惑星同盟の民間人もいるので大パニック。
ヤンは、脱出計画の責任者を命じられます。


ところが!
あてにしていた駐留軍が、民間人を乗せずに先に出発してしまいました。

それでもヤンは慌てない!

駐留軍が先に出発したことで、
彼らは銀河帝国との交戦を免れません。

その隙に民間人を脱出させる…
つまり、駐留軍を囮にして脱出計画を成功させます。


これにより、
ヤンはエルファシルの英雄とあだ名されるようになり、
超特例で二階級特進!少佐になりました。



士官学校時代には、親友ジャンや、
彼の幼なじみであるジェシカと出会います。

のちに、
ジャンは遠征が終わったら、
ジェシカと正式に婚約する!
ヤンに打ち明けます。
(死亡フラグじゃないよね?)


その夜、
窓の外を見つめながら物思いにふけるヤン。
きっとジャンとジェシカ、2人の将来を思っているはず。

上官には、結婚や養子をとることを勧められていたので、その事も考えていたんでしょうね。



翌朝、
雪が優しく降り積もるなか、
まだ引っ越してきたばかりでダンボールだらけのヤンの家に、
誰かが訪ねてきます。




その姿は…少年!?


まさか、養子???



銀河英雄伝説って、
さりげない一言や、ちょっとした人間関係の描写が、真実をついてきますね。

その一言が妙に考えさせられる。

戦争ものがよくわからなくても、
魅力を感じる要素がたくさんありますね。




ところで、
もしかして食べ物の描写気合入ってる?
途中出てきたフィッシュアンドチップスとか。


IMG_0609
(c)田中芳樹/松竹・Production I.G

前回は手作りケーキ。


IMG_0610
(c)田中芳樹/松竹・Production I.G


あまりそんなイメージないんで、びっくりだな。
次はどんな食べ物が出てくるかな。