内容紹介

自分次第で、未来は幸福にも絶望にもなる 

●AIにポジションを取られる前に。動くのは、今だ

AI(人工知能)、仮想通貨、lLIFESHIFT、ホワイトカラーの終焉……。 
10年後どころから5年先すら予期できない今、今の仕事、会社、社会、キャリアはどうなるのか。 
今世界で最も注目される日本人研究者落合陽一氏と、圧倒的な行動力で時代の最先端を走り続ける堀江貴文氏が、 
お金、職業、仕事、会社、学校など、今考えられる新たな社会の姿を余すところなく語ります。 


●イラスト入りで、50近くの職業の未来を分析 

AIでなくなる職業が話題になりましたが、本書では、「消える職業」「生まれる職業」など含め、50近くの職業の未来を紹介。 
視覚的にも見やすいので、将来を考える10代の方から、自分の仕事で次の一手を探したい方まで幅広く読んでいただけます。 


●希望か絶望か! ? すべて自分次第で決められる 

今後、今のようなかたちの仕事や会社はなくなるかもしれないが、それを希望とみるか、絶望とみるかは、すべて自分次第。 
新たな世界で、自分なりのポジションをとっていくための生き方のヒントも収録しています。 


●主な内容 

・激動の時代を生きるあなたに伝えたいこと 
・経営者すら職を奪われる時代 
・総エージェント化する個人 
・湯婆婆に名前を奪われるな 
・センター試験は無駄 
・ロボットがロボットを印刷する 
・AIの社会は古代ローマ 
・名将にAI監督が勝つ時代 
・ウサイン・ボルトを見習え 
・交換可能な価値の缶詰をつくる 
・波を待つな、自ら波を起こせ 
・食べていくための安い仕事にしがみつくな 


まずはじめに、
本のタイトルに「10年後」と入ってますが、
冒頭で堀江さんは
「未来のことなんて予想しても意味がない!」
と言っています。

言われてみれば、
5年前に今の生活を想像できたでしょうか。

当たり前のようにスマホを持ち、
SNSがビジネスになるほど発達し、
あらゆるサービスがネットやアプリで提供され、
仮想通貨が誕生している……

なので、
未来を恐れることは意味がないし、
過去にこだわるのもダメ。
いま、自分がやりたいことをやるのがいい!
と、なんとも力強いお言葉。


そして、
現代の魔術師 落合陽一による
これからの働き方の提案や教育についての見解は、
読んでいると興奮して頭がビリビリしてきます。
不安というより、興奮です。


自分の仕事が必要なくなる…と言われれば、
それはすごく悲しいことだけど、
実は世の中が便利になっていくということでもある。

バスガールは昔憧れの仕事だったかもしれない。
でも、今バスガールなんていますか?
いたならいたで、サービス向上になるかもしれないけど、
パスモやスイカでピッ、のほうが便利だもんね。
昔駅員が切符を切ってたけれど、あれもピッのほうが楽。電話の交換手だっていないほうがスムーズ。
もう戻れない。


エレベーターガールもそうですね。
昔のエレベーターは手動だったし、
どのフロアに何があるか、案内があればいい。
ラグジュアリーな雰囲気も出せるし。
でも、今のように自動で自分でサッサとできたほうが楽。
エレベーターはエンターテイメントじゃない、移動手段なのだから。


コンビニやスーパーのレジ、銀行事務員や公務員、法律系の仕事まで……。
全ての人がいなくなるわけじゃないけど、機械化したほうが世の中にとっては
(もちろん自分にとっても)
楽だし、ずっと良くなるんですよね。


そうなってくると、
もう労働の意味なんて変わってくるだろうな。
賃金の対価なんて考える人、いなくなるかも。
これからの労働は、自己表現だ。

この本を読んで、
将来自分の仕事がなくなるかも…と不安になるかと思ったけれど、
とにかく2人の言葉が力強い。


好きなものを大事にして、やりたいことをやってみて。
身近なところから、自分で動いてみて。
かつてはハードルが高かったことも、ネットやスマホ、あらゆるテクノロジーが手助けしてくれる。
なんだったら周りの人や、フォロワーたちも。
未来を予測するのは占いでしかない。だから恐れないで。


頭キレキレ、超合理的なので、
読んでいるとスカッとしてきます。

AIに仕事を奪われたくない、変化がとにかく怖い人。
読んでスカッとしてください。


そして、なにか好きなことを始めてほしいです。
ハードルが高い、と思っていたことも、
新しいサービスが誕生していて、
新規参入しやすくなっているかもしれません。

まだフォロワーがついていなくても、
わたしは応援してますよ。