ごきげんよう、えぞしまです。



さて、今年もやってまいりました。
夏の文庫フェア2020!!!




角川文庫、集英社文庫、新潮文庫の3レーベルが、
毎年100冊ほどイチオシの作品をセレクト。
各出版社が「この夏、ぜひ読んでほしい!」というオススメ作品が並ぶので、
小冊子を眺めつつ、どの本を読むかニタニタするのが初夏の恒例行事です。


今年はコロナウイルス騒ぎもあって、
無事に開催されるのか心配していましたが、
今夏も読書を楽しむことができそうです。
出版社の皆さんに圧倒的感謝!



さて、この記事では
カドフェス2020の中から読みたい本をチェックしていきます。







カドフェスは、
『文豪ストレイドッグス』や『かまわぬ』との
コラボカバーでおなじみですね。

推しキャラがいる人はかならず手に入れましょう。

かまわぬのカバーも洒落がきいていていいですね。


それから、カドフェス対象の本を購入すると、
抽選で豪華なプレゼントが当たるキャンペーンもあります!

A賞はなんと!
ブックホテル「箱根本箱」ペア宿泊券!!!
さすが角川景気がいいね!!!
みんなも応募しよう~。












気になっていた本が文庫化してる!やった。
これは大泉洋にあてがきして書いた小説。
大泉さんて不思議なんだよね。
三枚目に見えるけど、すごくイケメンに見えることもある。
「あれ?かっこいい???」と思うと、また違って見える。
見た人がそれぞれ「自分しか知らない魅力」に気づくような、
そんな不思議な魅力があるわけです。
それを藤やんでもうれしーでもミスターでもなく、
小説家のレンズで見ると、どう映るのか。
映画も見てみたいけど、まずは小説から読んでおきたい。





サムネイルだと日本人形の書影になってるかもしれませんが。。。
なんと「かまわぬ」コラボカバーが新登場!
ぽんぽん菊がかわいい表紙になりました。
しかしかわいい表紙とは裏腹に、定番の重厚ミステリー。
「かわいいけど実は毒」っていうのが好きだから、
このタイミングで読んじゃおう。





2020年の私、本当にさんざんです。
コロナウイルスに巻き込まれ、
夫の転勤に巻き込まれ。
なんだかお疲れモードなので、縄文人に相談したいです。






角川文庫は、
映像化した作品と、読みつがれてきた名作を、
バランス良くセレクトしていますね。
『文豪ストレイドッグス』とのコラボもありますし、
あまり本を読んでこなかった人も挑戦できるようなラインナップ。

「普段読書してないけど、なにか読んでみようかな?」
「でもどれを読めばいいのか検討つかない」

なんてときは、カドフェスから探してみるのもいいですよ。


まだまだステイホームが続く今日このごろ。
一緒に読書をたのしみましょう!!!!!