ごきげんよう、えぞしまです。



さて、今年もやってまいりました。
夏の文庫フェア2020!!!




角川文庫、集英社文庫、新潮文庫の3レーベルが、
毎年100冊ほどイチオシの作品をセレクト。
各出版社が「この夏、ぜひ読んでほしい!」というオススメ作品が並ぶので、
小冊子を眺めつつ、どの本を読むかニタニタするのが初夏の恒例行事です。


今年はコロナウイルス騒ぎもあって、
無事に開催されるのか心配していましたが、
今夏も読書を楽しむことができそうです。
出版社の皆さんに圧倒的感謝!



さてとりあえず今回は、
Notitakeのよまにゃでおなじみ集英社文庫から、
読みたい本をチェックしていきますか。





今年のノベルティはよまにゃブックバンド。
ブックカバーより使い勝手が良さそう!
本がバッグの中でバサバサするのって、けっこうストレスなんだよね。


2020年限定カバーもあります。
よまにゃが可愛すぎるので、書店でぜひゲットしてね。









わたし、ミステリーが昔苦手だったんです。
子どものときはコナンくんもダメでした。
人が死ぬのが怖いし、謎で自分の心がもやもやするのも嫌だった。
繊細なのでスリルを味わいたくなかったのです。
最近はすっかり図太くなって、
取り戻そうとするかのようにミステリーも読むようになりました。
美術ミステリーというと、なんとなく原田マハを思い出すけれど、
フランスのエスプリを味わえそうなミステリーにも挑戦してみようかな。
フランスでは大ヒットしたようですし、人気がある作品はおさえときたい。





もう一つミステリー。
ドキドキしたくないんだけど、あらすじを読んだだけで引き込まれちゃった。
ミステリーを読む時の楽しみって、いろいろあると思うけど、
これは伏線回収が見事らしい。
そういう、技みたいなのを楽しむっていうのも、ひとつだよね。
んで、こういうのは一気に読んだほうがいいから、
夜寝る前に読むとか、通勤通学時の電車の中で、とかはやめたほうがいい。
読む前からそんな気がするよ、この本からは。





ということで原田マハ。
コメディタッチの小説も好きですが、
静謐な美術館を思わせる小説も素敵。
しかしこの人の創作意欲はすごいな。
旅にも行ってるのかな。エネルギッシュな人だな。
出不精の私は、原田マハから行動力をわけてもらおう。





道真公といえば…
「怨霊!」「左遷されたんでしょ?」
優秀だけど、嫌な奴?怒らせると手強い?
学問の神様なのにいつも恐怖のイメージがつきまとう。
これは道真が、左遷の憂き目のなか、
新しいやりがいを見つけていくというストーリー。
もちろん一筋縄ではいかないでしょうけど。
悪役にされがちな道真の、人間らしいところが見てみたい。





集英社文庫はこのくらいにしておくか~。
ほかの出版社もあるし。。。



みなさんは気になる本がありましたか?
今年の夏も、読書をたのしみましょう!!!!!