ごきげんよう、えぞしまです。



今年はなかなか読書が捗らず、
夏の読書計画が晩夏から初秋へ持ち越しとなっています。








ようやく読み終わったのが、こちら。




水晶×少年、ということで、注目していたファンタジーです。

水晶と少年といえば、やっぱり長野まゆみを思い出してしまいますが、
また新しい作家を知ることが出来て、ハッピーです。


しかし、
こういう作品に出てくる少年って、
本当の少年じゃないわけですよ。

リアルな小学生って、
言葉遣いとかもぜんぜん違うし、
もっと子ども子どもしている。

鉱物に見惚れる男子小学生はいるはずだけど、
リアリティさはないんです。


で・も!!!
上手な作家はそこをうまく料理して、
非現実な「少年」を描けるわけ。

ここがうまく言ってないと、
「ああ~嘘っぽい『少年』だなぁ~」と感じて、
白けてしまうんだよね。


鉱物の妖精がある日突然見えるようになる…
というグッと来るファンタジー設定があったとしても、
ちょっとのめりこみにくいのだ。


かといってリアリティすぎると、
鉱物ファンタジー少年たちの会話が、
『水曜どうでしょう』みたくなってしまうんだよね。
それは、なんか、ちがうじゃん……。


なので、
そこのバランスをうまく料理してもらいたい感じでした。


とはいえ、
やはり鉱物にハマる少年というのは、
それだけで物語性がありますね。

ミネラルショーのことも詳しいし、
ひょっとして作者も鉱物好きなのかしら???


ちなみに、
作者は元書店員だそうで、
書店員をやって作家デビュー…という、
本好きにはたまらないキャリアを築いておられます。


「鉱物は好きだけど、普段あまりファンタジーは読まない」
という人に読んでもらいたいですね。
普段大事にしている鉱物たちが、今まで以上に愛おしくなるから。