ごきげんよう、えぞしまです。



ちょっと思いつきで、
映画『僕はイエス様が嫌い』を観てきました。





この映画、
監督・撮影・編集・脚本を一人でこなしていて、
しかも大学在学中に作ったという低予算映画なのです。

単館系のマイナー映画かもしれませんが、
これが当たりだったッ……!!!



主人公ユラは、
東京から雪深い街にあるカトリック小学校に転入することに。

朝の礼拝、お祈りの言葉、賛美歌…。
カトリックのしきたりに、初めは戸惑うユラ。

学校の神父さんに、
「神さまは何でもできる」と書かれたカードをもらったユラ。
神さまの存在が、なんとなく気になり始めます。

ある日、学校で礼拝していると…。
小さな神さまが見えるようになります。
見えているのは、ユラだけ。

ユラは、神さまに、
「新しい友達ができますように!」
とお祈りします(神社感覚)。

すると、
クラスで人気者のカズマという親友ができたのです。

半信半疑で、
「お金がほしい」とお祈りするユラ。
すると次は亡くなったおじいちゃんのへそくりを手に入れます。
たったの千円ですが、
ユラが神さまの力を信じるには、十分な額でした。


神さまの力を頼りに、
ユラはカズマとの思い出をたくさん作るのですが…。



これ以降はネタバレがあります。



カズマと流星群を見たり、
人生ゲームや別荘で遊んだり。

引っ込み思案だったユラでしたが、
自分から積極的に遊びに誘うようになります。


そうなってくると、
もう神さまに頼らないでも、
自分の力で願いを叶えていけるユラ。


ところが、
カズマは交通事故に遭い、危篤状態に。

毎日クラスメイトとお祈りを捧げますが、
肝心の神さまはこういうときに限って出てこない。

手を組んで、何度祈っても、
小さな神さまは姿を見せない。

みんなの祈りも虚しく、
カズマは息を引き取ります。

先生に、
お別れの会で弔事とお祈りの言葉をやってほしい、
と頼まれたユラ。

ユラは思わず、
「お祈りなんて意味なかった」と呟きます。

お別れの会当日、
弔事を読み終えたユラは、
聖書の上に神さまがいるのに気が付きます。

手を組んでいたユラは、
その神さまをズドン!と潰します。



「イエス様、嫌い」



と、観客がみんな思ったことでしょう。


先生は
「きちんとお祈りしないと大熊(カズマ)は帰ってこない」
と、半分恫喝しながらお祈りしていたのに。
(てかお祈りってそういうものかぁ?)


なーにがお祈りだ。
なーにが「なんでもできる」だ。


いいヤツから先に死んでいく、
世の中の不条理をお祈りの手でズドンと潰す、
そんなパワーが感じられました。


最後に、
「この映画を若くして亡くなった友人に捧ぐ」
というテロップが出て、
「ああ、ユラは製作者だったんだ」と種明かし。
きっと製作者も「イエス様、嫌い!」となったんだろうな。




素人目に見ても、
カメラワークや間のとり方など、
ちょっとひと味ちがうな、と思わせるところがあります。

ストーリーも無駄がなくて、よかった。



この映画、DVDとかになるのかなぁ。
映画館でやっているうちに、ぜひ見てほしいですね。


映画『僕はイエス様が嫌い』公式サイト