ごきげんよう、えぞしまです。



最近ゲームばかりしているので、
たまには映画でも…と思い、
今更ですが『アクアマン』を観てきました。

ネタバレなしでご紹介します。


IMG_2450






わたし、
あまりアメコミものって観ないのですが、
この映画は妙に気になっていました。

というのも、

「海の『バーフバリ』」
「戦闘力の高いスイミー」
「バカの『シェイプオブウォーター』」

など、
いろんなパワーワードが飛び交っていたからです。


バーフバリけっこうおもしろかったし、
流行ってるみたいだから観てみるか…と思って観てみたのですが、
私は「あれ?ポニョを観に来たんだっけ?」と思いました。



崖の上のポニョ [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2011-11-16


崖の上のポニョ [DVD]
スタジオジブリ
2014-07-16




  • 母親が偉大な海の女王
  • 父は愛情に溢れる人間
  • 多数の海の生き物を連れている
  • 戦いの中、愛を示す

そして、
ポニョの名シーンとも言える、
津波が迫っている海沿いの道を、
車で走り抜けるシーンもあります。




あ…れ…

…ポニョ……???(違





ただポニョと違うのは、
ほとんど戦っているシーンだということ。
とにかく戦っている。

映画観終わった後、
隣のカップルの彼女が「なんか戦い過ぎ」と言っていたくらい、
ずーっと戦ってます。

でもアクションに飽きがこないので、
爽快で意外と観ていられます。


なんといっても、
アクアマン演じるジェイソン・モモアの、
鍛え上げられた肉体美!!!
何食べたらあんな風になるんだ?
鱗模様のタトゥーといい、カッコイイんだこれが。
強いだけじゃなくて、優しさと愛を知っているしね。

やはり強き者は、
優しさと愛を知っていてほしいですよね。
偉大な王なんだし。



アクアマンだけじゃなくて、
その両親にも愛がある、というのが良かった。
地上世界に住む灯台守の人間と、
海底世界の女王という、
全く違う世界の2人だけど、
その愛は本物だったから。

毎日水平線を見つめて、
愛する妻の姿を探す…。
戦いの多い映画の中で、
心が洗われるようなシーンです。


スカッとするバトルアクションや、
ジェイソン・モモアの肉体美だけじゃなく、
愛とか絆とかにも注目して楽しんでもらいたい映画です。