ごきげんよう、えぞしまです。


ゆるくてかわいい雰囲気に、
散りばめられた謎が魅力の『けものフレンズ2』。
キュルルちゃんの持っているスケッチブックを手がかりに、
冒険は進みます。



モノレールの線路を壊したのは誰?

第4話冒頭では、
モノレールはサボテンの生える中を走って行きますが、
途中線路が壊れていて、進めなくなってしまいます。

劣化による損壊にしては綺麗に壊れすぎなので、
普通に考えたらセルリアンが壊したんでしょうが…
ここでセルリアンが現れたということは、
前に誰かがモノレールを使ってた、ということでしょうか?

誰もいないところにセルリアンが現れて、
破壊活動とかするのでしょうか?

考えれば考えるほど、
深読みしてしまうなぁ…。


あと、
私気になっていることがあるんですが…。


IMG_2331
©︎けものフレンズプロジェクト


なんか窓のところに、
枝?みたいなのが見えるんですけど、
これは何ですか???

外はサボテンだし、
そもそもモノレールってかなり背が高く作られてる。
なんか不気味…。






アードウルフとアリツカゲラ、チスイコウモリ

今回出てきたフレンズ。

アードウルフは、新しい巣を探しているところでした。
「他の人が住んだことがある家が好き」と言うことですが、
アードウルフは他の動物の古巣に住み着くことが本当にあるんですって!
もちろん、自分で穴を掘ることもあります。


チスイコウモリは、
キュルルちゃんたちの前に逆さまになって登場!
吸血鬼のような退廃的なムード満点です。
てっきり他のフレンズの血を吸うのかな?と思ったら、
普通にジャパリまんを食べていました。
ホラーなフレンズだけど、まんじゅうを食べている…シュール。


そして、アリツカゲラ。
前作でも登場したフレンズ。
ヒトに会ったことも覚えているようです。
てことは、前に出てきたのと同じ個体ってこと???

前はロッジを運営していましたが、
なんと不動産業も始めたようです。
「中古物件をお探しですか!?」
「セキュリティも万全です!!」
など、ジャパリパークでは珍しく社会人っぽいフレンズ。
でも、紹介する物件はキテレツなものも多い。
たぶんオススメしている商品のことを「この子」って言っちゃうタイプだ…。



アルマジロ、オオセンザンコウと合流!

キュルルちゃんを追いかけてきた、
アルマジロとオオセンザンコウがついに合流…。

しかし2人は事情も告げず、
「依頼人に、キュルルちゃんを連れてくるように言われた」と言って、
キュルルちゃんを連れて行こうとします。

この段階では、
2人の依頼人も、その目的も不明です。

そして、
なぜその依頼を2人が引き受けたのかも謎です。

カラカルがキバを見せて脅かすと、
2人は丸くなって怯えてしまいました。
アルマジロもオオセンザンコウも、
硬い甲羅を持っているので、
いざという時は丸くなって身を守るんですね。

でも、
夜が明けるまで丸くなっているのは、
いくらなんでも怯えすぎじゃないかい…?



ラッキーさんの種類

海賊のようなビジュアルが印象的だったラッキーさん。
モノレールを降りると、
メキシカンなラッキーさんが現れました。

挨拶はスペイン語、語尾が変に伸びる。
黄色くて、メキシカンな雰囲気。
おしゃべりでお調子者な感じです。

一応、そのエリアに合わせたビーストがいるようですね。

ラストで、ジャングルエリアにたどり着いたキュルルちゃんたちを待ち受けていたのは…


IMG_2349
©︎けものフレンズプロジェクト

ら、ラ◯ボー!!!?


喋り方もがらっぱちな感じ。


エリアによって性格や見た目が違うんですね。
前回は、青いのしかいませんでしたが。

しかし相変わらず藤子不二雄感が強いな!




というわけで…
何かわかったような、わからなくなったような。

アルマジロとオオセンザンコウが、
あっさり離脱したのが予想外でしたね。
次は追いつくのかな?