ごきげんよう、えぞしまです。



大人気スマホゲーム「グリムノーツ」が、
アニメ化したと聞き付け、視聴しています。

いろんな物語が出てきますが、
みなさんついてこれてますか~?

名前は知ってるけど、あらすじはしらない…なんて物語を、
グリムノーツがきっかけで知ることになった人もいるかもしれません。

今回は第5話。
宝島の想区が舞台です。


IMG_2318
©SQUARE ENIX/グリムノーツ The Animation製作委員会・TBS

あらすじ
とある島にやって来たエクスたち。
久々の息抜きとばかりに浜辺で遊んでいると、波打ち際に倒れていた一人の男を見つける。
男の名はジョン・シルバー。
やがて一同は、ここが「宝島の想区」であることを知る。
大海賊フリントが隠したと言われる財宝を求め、夢とロマンにあふれた大冒険が始まる!




今回やってきたのは、宝島の想区!
エクスは、海の見るのは初めてなので、興奮ぎみです。

波打ち際で遊んでいると、
一人の男性が倒れていました。

その男はジョン・シルバー。
船乗りのコックであると名乗りました。

彼が乗っていた船は、
この島を目指していたのですが、
モンスターに襲われて沈没。
自分だけが助かったと言います。

そして、
この島には大海賊フリントが残した、
宝物が眠っていると言うのです。


夢とロマンに目がないタオは、
ジョンとすぐに意気投合。
宝探しを手伝うと言い出します。

ここが「宝島」の想区だと気づいた一行は、
ジョンの持っている地図に従い着いていくことに。


宝島の中は、罠がいっぱい。
レイナがうかつに手を出してしまうため、
みんな巻き添えを食って、
転がる大岩から逃げたり、弓矢の罠から必死で逃げたり。

ジョンもこうなるとは予想してなかったろうな…。


途中、偶然ジムと出会ったエクスたち。
実は、ジョンがコックではなく海賊であると知らされます。

しかし、もう手遅れ。
ジョンはエクスたちを罠にかけ、
洞穴に閉じ込めてしまいます。

なんとか爆弾を使って脱出し、
フリントの残した船までたどり着きましたが、
ジムがヴィランにされてしまいます。


そこに現れたのがジョン。
そう、カオステラーはジョンでした。

ジョンは、人一倍夢とロマンを追う男。
それなのに、運命の書には「夢を実現することはない」と書かれているのです。

結果はわかっているのに、夢を追う。
永遠に届かない人参をぶら下げられて、
それで一生終わりなのです。

そこに付け込まれ、カオステラーになってしまいました。


ヴィランと戦うため、ヒーローとコネクト!
なんと今回は水着ヒーローです!!
アリス、赤ずきん、シンデレラ。
そしてタオはラ・ベルになりました。

ゲームだとあまり感じなかったけど、
イルカを掲げて戦うのって、結構シュールだったんだね…。

ゲームでもおなじみの必殺技を繰り出すエクスたち。
タオは、ジョン・シルバーと一騎打ちです。

必殺技を繰り出して、ジョンを倒し、
無事に調律をすることができました。


調律後、宝島の想区は、
何事もなかったかのように穏やかな海に戻りました。

そして、ジョン・シルバーも、
例え叶わなくとも、諦めずに夢を追う、
粋でいなせな海の男に戻ったのでした。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

レイナたちは、
登場人物の役割を本来のものに戻す、ということをやっています。

そしてロキたちは、
登場人物が課せられた運命がひどすぎるとき、
それを変えることができないか?ということを試みています。

ロキってどうも言葉が足りないというか、
常にふざけているのでわかりにくのですが、
実は真っ当な目的を持っていることがわかります。

特にジョン・シルバーのような、
永遠に叶わない夢を追わなくてはならないとか、
そういった人を見ると、
ロキのやっていることも少しわかるんですよね。

叶わなくてもいいじゃん、
諦めないことが大事なんだし、ってことなのか?
確かにジョンは、馬鹿みたいに夢を追いかけていたほうが、
魅力的なキャラクターではあるのだけど…。


レイナたちがやっていることが正しいのか、
正義の反対はまた別の正義ってやつなのか、
そこをどう落とし込んでいくのかが、
グリムノーツの見どころと言えますね。