ごきげんよう、えぞしまです。


最近、リベラルアーツに興味があります。


世間知らずのえぞしまにとって、
教養ゆたかな人間は憧れ。

特に、知識で頭でっかちにならず、
本当の考える力を持っている人にあこがれます。


そんなこんなで、
リベラルアーツ関連の本を読みましたのでご紹介。




著者は桜美林大学のリベラルアーツ学群を担当する先生です。
ご専門は数学。

大学で数学の講義を受ける人は、
ある程度できる子、好きな子が多いのですが、
リベラルアーツ学群だとそうはいかない。

「この大学で一番数学が苦手」と自負する学生が、
先生の数学の講義を受けるのです。

そんな学生でも、
とにかく数学を嫌いにならず、挫折しないように、
興味をもたせるのが腕の見せ所。
なかなか苦労されているようです。


なぜ、そこまでして数学をやらせるのか。
それは、数字の持つ力が強いから。


数字によって、
人は感覚で感じてきたことを客観的に見れるようになるし、
他人にその感覚を伝えることもできる。


数学的な思考方法で、
世の中のものをすっきりと考えようという計らいです。


というわけで、
ものすごく数学の話が続きます。
「え?リベラルアーツの話は???」と思うくらい、
数学の話が多いです。

それは、著者が数学の先生なので、
例えがどうしても数学の話になるから。
ちゃんと、そこから一般的な話に広がっていきます。

そう考えると、
この世に使えない知識、不要な知識なんて、
ないのかもしれない。
データだって、使いこなせなければゴミだし。


一昔前は、データを取るのも一苦労。
全部手作業で数字をとっていたけれど、
今はコンピューターを使えば一瞬です。
あとはそのデータをどう料理するか。
「すうがくきらい」とか言っている場合ではありません。


かくいうえぞしまも、数学は大の苦手です。
本書の冒頭に、数字についてのエピソードを紹介してるのですが、
こんな簡単な話ですら考えながら読まないとわからない(笑)
ほんとうに、数字に弱いんです…。
暗算も苦手だし…。


とはいえ、
やはりこんなえぞしまでも、
「数学は不要!」とは考えておりません。

それは、この本にも書かれている通り、
すべての知識ってつながっているからです。

けっして、科目で分かれているわけじゃない。

学校教育の都合で、科目で分かれてはいるけれど、
結局、その知識を統合するのは自分の力だし、
そのために人は勉強するんだろうな、と思っています。



最近のインフルエンサーは、
「大学に行くのはコスパが悪い、行く意味はない」
と主張するのがトレンドみたいです。

でもえぞしまは大学に行ってよかったと思っています。

抽象的な思考や、普通に暮らしていたら得られなった教養、
豊富な蔵書にいつでもアクセスできる環境。
これらを使えたのは、とても大きかった。


「コスパが悪い」という主張も、
「そりゃ大学を使いこなせていなかったらコスパ悪くなるでしょ?」
としか思わないですね。
大学で得られるものは、幅広い教養と抽象的な思考法です。
それらは誰にも奪われない財産です。
職業訓練はインターンシップに行ったほうがよっぽど身につきます。


思いがけず日本の教育の将来を憂えてしまうえぞしまでした。