ごきげんよう、えぞしまです。


お盆を過ぎ、暑さも和らぎ始めた…とはいえ、
まだまだ残暑が残る今日この頃。

こんなときはシュワっとするものが飲みたいですね。

居酒屋のぶ、今夜はどんなお客さんが来るのでしょう。








その日は、嵐でした。
風が強く、お客さんがくるのか心配になる居酒屋のぶ。

とそこに、馬車が店先に止まる音が…。
お店に入ってきたのは…


IMG_1431
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会


市参事会議長のバッケスホーフと、
その手下ダミアンでした。
客とはいえ、偉そうですこと。


店内は緊張感に包まれますが、
しのぶは毅然とした態度で2人を出迎えます。


2人はトリアエズナマを注文。
しのぶが運ぶと、バッケスホーフは一口だけそろりと味わいます。

そして、
「これはエールではない」と言い出します。


アイテーリアではエールが主流なので、
居酒屋のぶでもビールを「エールのようなもの」として提供していましたが、
バッケスホーフによるとこれはラガーなんだとか。

アイテーリアでは、ラガーはご禁制の酒。
許可された人しか作ることも口にすることもできません。


異世界で店を出し、
見慣れない料理を根気よく提供し、
いつも繁盛、常連もたくさんいるお店でしたが、
食中毒でも経営難でもなく、
まさかこんなことで経営危機に陥るとは…。



とりあえず、居酒屋のぶ関係者で店に集まり、
緊急ミーティングです。


IMG_1433
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会


ベルトホルトとエトヴィンも駆けつけてくれました。


ところで、
エールとラガーの違いって何???


アイテーリアで主流のエールは、
常温で発酵させたもの。

これに対し、ラガーは低温で発酵させたものを指します。

居酒屋のぶのビールは日本で仕入れしているので、バッケスホーフの言う通りラガーにあたります。


このままでは、居酒屋のぶがなくなってしまう……!




と、その時…


ぐううううっとベルトホルトの腹時計が!!!



こんな緊迫したムードでも、お腹は空きます。
お腹が空くと、考えもまとまらない。
とりあえず、ランチにしましょう。

炊きたてのご飯を炊いて、
しのぶはおにぎりを作ります。

大将は、おにぎりに合うおかずということで、
タコさんウインナーを作りました。

IMG_1438
IMG_1437
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

あら、かわいい💕


おにぎりの具もシャケに漬けマグロと、大変豪華です。


たくさん食べたら、お腹も心も落ち着きました。
大将も腹が座ってきたようです。



さらに、ホルガーも心配して様子を見に来てくれました。

IMG_1440
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会


店の調査は、徴税請負人ゲーアノートが担当するという情報を教えてくれました。
ゲーアノートは居酒屋のぶの常連ですが、そこはプロ。贔屓も一切しないというのです。


IMG_1441
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

前に居酒屋のぶで火花を散らしていた、
3つのギルドのトップの3人組も、参事会に協力してかけあってくれたようです。

あの仲の悪い3人組が協力するなんで、滅多にないことです。

とても頼もしいのですが、相手も一枚上手。
調査免除、とはいかなかったようです。


居酒屋のぶ、当局による調査はもう避けられません。
何かあれば、営業停止。
お店がなくなる可能性は十分にあります。


IMG_1442
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

その日から、居酒屋のぶは連日満員御礼大繁盛。
なくなるかもしれない居酒屋のぶに、常連たちが詰め掛けました。
居酒屋のぶで飲み食いすることが、一番の応援ですね。


そして、
居酒屋のぶに通知が届きました。
いよいよ明日、捜査が入るという知らせです。

果たして結果はどうなるのか…。

次回を待て!






今日ののぶプラスには、なぎら健壱さんが登場。
場所は池尻大橋です。
つまみになるおにぎりを紹介してくれるみたいなんですが、
酒に合うおにぎりって一体?

IMG_1444
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会


やって来たのは、旬菜 おぐら屋。
さっそく、お酒に合うおにぎりを注文してみましょう〜。

ご飯にお味噌を手際よく混ぜ、優しい三角に結びます。
この味噌、山椒味噌なのだ!
ピリッとしたのがたまりません。

IMG_1446
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

器もすごくインパクトがある。
もちろん冷酒で決まり!

焼くのかな?と思ったけど、混ぜ込むだけなんですね〜。
焼いてもいいかも笑


IMG_1448
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会


ちゃっかり鮎もオーダー。
炭火でじっくりと焼いているので、
身がふっくらと柔らかいのが特徴。

ほろ苦いけど、それがまた日本酒に合う!

これが和食として正解!となぎらさんも太鼓判です。
本当に美味しそう〜!!!