ごきげんよう、働くのが嫌いなえぞしまです。



働くのが嫌いな場合、
遊ぶように仕事するしかないですよね…。


人生詰んだ……



それはさておき、
ヤマノススメ、サードシーズン第7話です。
ある日の夜…
ひなたはあおいに、電話をかけていました。


あおいと池袋で遊ぶという、お誘いの電話です。
しかし、ひなたが電話をかけたとき、あおいはすでに夢の中。
明日明後日のバイトに備えて、もう布団に入っていました。


バイトしなけりゃ登山もできないですからね。
ひなたとの池袋散策は、今週はおあずけです。



あくる日、
あおいは店頭にケーキを並べます。

商品の中にはドイツ語のケーキもあり、
聞きなれない名前のものもあります。


そのうちの1つ、
「モンブラン」について、
名前の由来を店長が教えてくれました。

IMG_1383
(c) しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会


アルプス山脈の山、モンブランを模した形。
上にかかっている粉砂糖は、雪を表現しています。
モンブランは白い山と言う意味。
モンブランは、山のケーキなんです!


ヤマノススメにぴったりのケーキだったんですね!


さて、お店も開店の時間になりました。
お客さんが次々とやってきます。


IMG_1384
(c) しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会

あおいのクラスメイトたちもやってきました!


手際よく働くあおいを見て、
「学校とは雰囲気違って頼りがいある!」
「手際もいい!」
と評判です。


それを聞いたあおいは、
普段学校で頼りなく見えるのか…と少し落ち込みぎみ。

どんどん手際よくなってきているよ〜と、
店長からフォローがありました。
成長しているんだ。

IMG_1385
(c) しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会

かえでも受験勉強の合間を縫って、
ケーキを買いに来てくれました。


なんでみんな、
示し合わせたようにケーキ買ってるんだろ笑

お店は大盛況で、
あおいたちはくるくるとよく働きます。



ひとりの女の子が、
お小遣いを握りしめて、ケーキを買いにきました。
妹が生まれて、お姉ちゃんになるんだとか。

しかも、本日退院の日!
おめでたいこの日のために、お母さんの好きなケーキを買いにきたというわけです。


このために、全財産を放出!
ケーキ代をぴったり持ってきましたが、
なんと税金の分がたりない……。


うろたえるあおいでしたが、
店長がスッとお金を受け取りました。

大切なお祝いのケーキに、
うちのケーキを選んでくれたから…と。

たった1つのケーキに、
いろんな想いがこもっていることを知り、
やりがいを感じるあおい。




一方…
一人で池袋に遊びにきたひなた。
あおいと違って、お一人さまを過ごすのは不慣れみたいです。

クレープを食べたり、自撮りを撮ったりしますが、いまいち楽しめない様子。

あおいと一緒の登山のことを考え、
お守りを買いました。



あおいのお店に寄って、手渡そうとしましたが、
忙しく働くあおいを見て、今度会ったときにしよう…とそのまま立ち去るあおい。

登山ではまだまだ初心者。
学校ではクラスメイトと馴染めない。
いつも頼りないあおいが頼もしく働いている姿を見て、
ホッとしたような、少し寂しいような、
そんな複雑な表情になるのでした。



夜になり、ようやく閉店の時間。
お店の前を掃き清めて、後片付けしていると…
ひとりのお客さんが!


IMG_1386
(c) しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会


開店時間に間に合わなかったみたいです…。
諦めて帰ろうとするお客さんに、声をかけるあおい。


もう売れ残りしかありませんが、
特別に店内に入ってもらいました。

お目当てはショートケーキでしたが、
それは売り切れていました。

他のケーキを勧めるため、お子さんの好みを聞くと、山登りが好きとの答えが。

山登りが好き…

それなら、あのケーキしかないでしょう。

そう、モンブランです。


今朝、教わったばかりのモンブランの由来。
お客さんに一生懸命説明して、勧めます。

それなら、とモンブラン、2つお買い上げ!
言われたものをただ出すのではなく、代わりのものを提案する。

仕事のやり方がうまくなっていますね。


IMG_1387
(c) しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会

店長も、影からグーッ。



そのケーキを買ったのは、
実はここなのお母さんでした。

てことは、
ここなの好きなケーキはショートケーキなのね〜。

でもでも!
山のケーキ、モンブランも気に入ってくれました。
いい子だね。



いやー今日は働きました。
あおい、お風呂でぐったりです。
おつかれさま!

ひなたは、次に登る山の検討をしていました。
あおいでも登れる、難易度低めの山です。
一緒に楽しく登りたいもんね。


あおいがお風呂でのびている頃、
スマホには着信が入っていました。

電話の主は…ほのか!
もしかして、山登りのお誘い???
それとも…?????



少し気になる最後を残して、
第7話エンディングです。




今回は、あおいがやりがいを感じる回でしたね。

あまり、仕事でやりがいがどうとか、
言うのは好きじゃないんですが…。
(やりがいを搾取する人がいるため)

ケーキを売るという行為に、
意義を感じられたのは良かったですね。

普通に売るよりも、
気持ちを感じて売った方が、
仕事も捗るし何より楽しいから。


そして、
その気持ちは押し付けられたものではなく、
自然と己から生まれたものでなければならない。


あおいがバイトしているお店の店長なら、
自然にそういう気持ちを引き出せそうですよね。




ひなたは、お一人様かなり苦手そうでしたね。
こういうのを見ると、平気で一人で過ごすあおいが大人っぽく見えるかも?

バイトで懸命に働く姿も、
普段は見せない一面です。

そして、よく気が利き、
あおいをサポートするひなたにも、
一人で過ごすのが苦手な未熟な部分があります。


頼りなさげなあおいの、
たくましい姿が見られた第7話でした。