ごきげんよう、
唐揚げのことをザンギと呼ぶ道産子のえぞしまです。


えぞしまが作るときは、
鳥もも肉を麺つゆに漬け込んで作ります。

もちろんにんにくとしょうがも忘れません。

とか書いてたら、なんだか食べたくなってきたな〜。

とりあえず、居酒屋のぶ第18話です。







今夜の居酒屋のぶ、ベルトホルトとニコラウス、そしてハンスの3人がカウンターを陣取っています。

しかし、ただならぬ雰囲気…。

ベルトホルトとニコラウスは、唐揚げの味付けについて揉めているのでした。



ベルトホルトは、爽やかでシンプルな塩唐揚げ。
ニコラウスは、味にパンチのある醤油唐揚げ。

どちらも、推しの味がいいと主張し、一歩も引きません。


店内は、唐揚げを注文するお客さんでいっぱい。
塩唐揚げを頼む人も、醤油唐揚げを頼む人もいます。

注文が出るたびに、「やはり塩が一番」「いやいや、醤油が至高」と言い合うので、
どちらを注文するのか決まりません。

話の決着がつくまで、ハンスはお預けです。


どちらの味の唐揚げにするか決まらないので、
とりあえず別のおつまみが出てきました。

IMG_1312
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

銀杏の塩炒り!
食べ過ぎると、お腹壊すから注意ね〜。


銀杏をつまんで、味わうニコラウスを見て、
「やっぱり塩がいいのでは???」と詰め寄るベルトホルト。

次に出てきたのは…

IMG_1313
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

マグロの赤身!
くぅ〜日本酒持ってきて!!!


刺身を一切れ醤油につけて、マグロを堪能するベルトホルト。
次はニコラウスが詰め寄る番です。


こんなことを延々とやっているので、
ついに痺れを切らしたハンス。
2人のおつまみを取り上げようとします。

すると2人は、
「ハンス、お前はどうなんだ?????」

ハンスも、この不毛なカラアゲ問答に巻き込まれてしまいました。

今のところ、塩と醤油で一対一。
ハンスが票を入れると、風向きが決まります。


思い悩むハンス…

ハンスが出した答えは…

IMG_1314
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

「  竜  田  揚  げ  で  す  !  」


た、竜田揚げっ!
そうきたか。



しかし、竜田揚げは唐揚げじゃないので、
ベルトホルトとニコラウスは不服そうです。


それを聞いていた大将、
唐揚げと竜田揚げについて説明してくれました。

IMG_1315
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

唐揚げは小麦粉、
竜田揚げは片栗粉を使うことが多いけど、
最近は食感を出すために、唐揚げに片栗粉を使うことが多くなった。

だから、醤油の唐揚げと竜田揚げは、
あまり差がなくなったよ、と大将。


それを聞いたニコラウスは、
ということはハンスは醤油派だ!と解釈。
塩派のベルトホルト、劣勢です。

弱ったベルトホルトは、ヘルミーナにどちらの味が好みか聞きます。
ヘルミーナはベルトホルトの味方をしてくれそうですが、
彼女が運んできたのは…

IMG_1316
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

軟骨の唐揚げ、それも両方の味!


なんと、2人が唐揚げの問答をしているうちに、
唐揚げは売り切れてしまったのです。

そしてヘルミーナは、レモンを豪快に絞ります。
3人の顔に果汁がかかるように…。


冷や水…ではなくて、レモン汁を浴びせられ、
冷静になった3人。
塩と醤油、両方の味を褒め称えながら、
仲良く?軟骨唐揚げを頬張ります。


ベルトホルトは頑固ですから、てっきり亭主関白なのかと思っていましたが、
ヘルミーナの尻に敷かれてたんですね〜!

さっすが、漁師の娘、強い!



えぞしまも、唐揚げを作るときは片栗粉で作っています。
やはり、あの食感が欲しいんですよね。
麺つゆに漬け込んで作るから、一応醤油派かな?



のぶプラスでは恵比寿に参上!
唐揚げ問答が弾む?店に、なぎら健壱が突撃です。

IMG_1318
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

やってきたのは、炭火道場 別邸。
いい雰囲気のお店です。


出てきたのは唐揚げ、竜田揚げ、チキン南蛮!
3種類を食べ比べです。

IMG_1323
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会

珍しいのは、さつまいものフライドポテト。
糖度が高いさつまいもです。
意外とチキン南蛮に合うようです。

もちろんビールも合います!


唐揚げって奥が深いですね〜。