ごきげんよう、えぞしまです。

「異世界居酒屋 古都アイテーリアの居酒屋のぶ」の第4話。
どうやら海鮮ものが出てくる気配です。
アイテーリアの人たちは海鮮は食べるのでしょうか。










今回は新キャラが登場!
アイゼンシュミット商会に勤める、カミルイグナーツです。
カミルはイグナーツの妹と結婚間近!



二人は居酒屋のぶに入ります。

IMG_0976
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
どうやら、イグナーツはニコラウスと友達らしく、居酒屋のぶを紹介してもらったみたいです。

いろいろ珍しい料理を出すので、カミルを度胸だめしに連れてきたというわけ。
トリアエズナマを頼む二人。


お通しは筑前煮です。


IMG_0978
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
すっかり居酒屋のぶが気に入ったカミル。
トリアエズナマをおかわりします。

イグナーツはレーシュにチャレンジ!


IMG_0979
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
水のようにすっきりとした味わいに、イグナーツもノックアウトです。


カミルの度胸だめしということで、
イグナーツは生の魚をオーダーします。

アイテーリアでは生の魚を食べるという習慣がないらしく、最初は拒絶するカミル。

もし生の魚を食べ切ったら、
なんでも言うことを聞いてやる!とイグナーツは言うのでした。



出されたのは、ハマチの刺身!

IMG_0981
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
実は、生の魚を食べろというのは冗談で、
イグナーツは食べる直前に止めようと思っていたのです。

そうとは知らず、
バクバク食べるカミル…。


めちゃくちゃ美味しいみたいで、気に入ってしまいました。

IMG_0984
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
あんまり美味しそうなので、イグナーツも食べてみたくなった様子。
しのぶに、「お腹が空いているなら、海鮮丼もオススメですよ!」と勧められ、トライすることに。

実は、イグナーツも生の魚は未体験でした。

IMG_0986
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
出された海鮮丼を一口食べて…。


IMG_0988
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
口の中に海が!!!



イグナーツも、生の魚を気に入ってしまいました…。




さて、
生の魚を食べ切ったら、何でも言うことを聞くと約束していた二人。

カミルの願いは…。

IMG_0989
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
「義兄さん、と呼んでもいいかな…?」



思ってもみなかったお願いに、涙するイグナーツ。


追加でビールを頼み、
「こいつが、俺の妹と結婚するんだ!」と言うと、しのぶや大将、その場に居合わせた客たちが、ささやかに祝福するのでした。





のぶプラスは、なぎら健壱が登場!

美味しい海鮮丼を出すお店ということで、
浅草 魚料理 遠州屋 を紹介してくれます。

IMG_0992
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
海鮮丼の前に、かぶと煮が出てきましたっ!

IMG_0994
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
おふくろの味を思い出すなぎらさん。
煮魚は腕が出るので、この味は1日2日じゃ出せない、と舌鼓。


IMG_0995
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
海鮮丼も出てきました!


海鮮丼の上に乗っているものを「あたま」というのですが、
このあたまをつまみにして酒をのみ、半分くらい食べたら飯として食べる…というのを紹介してくれました。


いい食べ方だなぁ〜。




今回は、家族の絆が増えるという、とてもいい話だったのでじんわりきましたね。
この、じんわり、が味わえるのがこのアニメのいいところです。