ごきげんよう、えぞしまです。



GYAO!で「異世界居酒屋 古都アイテーリアの居酒屋のぶ」が公開されていたので、とりあえず第1話を見てみました。








「異世界居酒屋 古都アイテーリアの居酒屋のぶ」公式サイト

https://r.gnavi.co.jp/nobu/

IMG_0933
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
京都の寂れた通りに店を構えた居酒屋「のぶ」は、正面入口がなぜか異世界へと繋がってしまっていた。
大将の矢澤信之(やざわのぶゆき)と給仕の千家しのぶ(せんけしのぶ)は、その異世界の街・古都アイテーリアで店を始めることにする。
衛兵、職人、商人、貴族......
誰でも気軽にちょっと一杯。
そんな居酒屋「のぶ」は、今日も通常通り営業中。


コンセプトがなかなかおもしろい!


最初に登場するのが、ニコラウスとハンスという二人の青年。
中世ドイツ風の騎士のような二人は、中隊長の悪口を言いながら寒空の夜を歩きます。

凍るような月の下、ニコラウスが「いい酒場がある」というので、
二人はふらりと居酒屋へ。




ニコラウスに勧められるまま、ハンスは「トリアエズナマ」を注文します。

IMG_0934
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
爽やかなのど越しに、心が洗われるよう…


お通しは、枝豆です。


IMG_0935
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
「トリアエズナマ」と一緒に食べたハンス。
手が止まらない!
一生豆を食べ続けてしまう勢いでした。


IMG_0937
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
次に出てきたのは、おでん!
大根を一口食べて、ハンスはあっという間に気に入ります。


おでんの中に、カルトッフェル(つまり、じゃがいも)が入っているのを見つけたハンス。
じゃがいもは毎日飽きるほど食べているので、ちょっとテンションが下がってしまいます。

そこで、大将は辛子を勧めてくれました。

IMG_0940
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
辛子をつけて食べてみると…

じゃがいものホクホクと、辛子のツーンとした刺激がマッチ!!!


IMG_0938
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
おでんをオーディンと勘違いしているハンス。
あまりのおいしさに北欧神話の世界へトリップしてしまいました。


IMG_0941
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
ふと見やると、ニコラウスは次のお酒へ(笑)
ちゃっかり熱燗にシフトしていました。

マネして熱燗に挑戦するハンス。

IMG_0943
©蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
また神話の世界にトリップ!!!


お会計も良心的な価格です。
それに、看板娘のしのぶが働き者でキュートなので、
ハンスはすっかり気に入ってしまいました。



これを見た今日は、梅雨が明けたばかりの真夏日ですが、
じゃがいものおでん食べた~い!!!
普段、おでんにじゃがいもなんて、入れないのに(笑)


後半、実写パートの「のぶ+」があり、
余ったおでんのアレンジメニューが紹介されました。


きじまりゅうたの「創作のぶ料理」
https://r.gnavi.co.jp/nobu/nobu_plus/cooking/

ポテサラに福神漬けを入れるというのが斬新!

大根ステーキのバター醤油ソースもいいですね~!


連日真夏日だけど、おでんを作っちゃおうかな(笑)




なんだかお腹のすくアニメだけど、
サクッと気楽に見れてよいアニメでした。